不動産売却はエクスペリエンスが豊富なエリートにヘルプを!

木の人と家

住宅ローンが返せない時は

メンズ

差押後でも売れます

多くの人が住宅ローンを組んでマイホームを購入しています。住宅購入資金を融資した金融機関は、住宅の所有権が買主に移転すると同時に第一順位で抵当権を設定します。そうしておかないと、住宅の買主が返済不能状態に陥った時に、債権を回収することができなくなってしまうからです。無事に住宅ローンが完済されれば、この抵当権は抹消されます。しかし、住宅の買主がローンの返済を滞らせてしまうと、抵当権が実行されて差押の登記が入れられます。その後しばらく経ってから住宅が競売にかけられるというのが一般的な流れです。差押登記後に家を第三者に売ることは理論的には可能ですが、その売買の効力を抵当権者に対抗することはできません。そのため、たとえ売りに出したとしても、買い手がつくことはまずありません。そのような時に頼りにすることができるのが、任意売却専門業者です。大阪には豊富な実績を持つ任意売却専門業者がたくさんいます。競売よりも任意売却の方が高値で家を処分することができますので、大阪の人が家に差押登記をされて困っている場合は、任意売却業者に相談してみることをおすすめします。

サービス内容

同じように大阪を営業エリアにしている任意売却業者であっても、提供しているサービスの中身は業者ごとに異なっています。たとえば、仲介手数料以外の費用を債権者負担にするための交渉を積極的に行ってくれる業者がいる一方で、そのような交渉は一切しない業者もいます。現実的なことを考えると、家の売却に伴って登記手数料や印紙代が必要になります。また、当然のことながら引っ越し費用もかかります。細々とした費用を全て合計すると結構な金額になりますので、家の持ち主としては、それらの費用を債権者負担にしてもらえる方が助かります。少しでも有利な条件で家を処分したいと考えているのであれば、大阪で営業している複数の任意売却業者の情報を集め、サービス内容を比較してみる方がよいです。業者の選び方次第でその後の経済的再生にかかる時間が長くも短くもなりますので、業者の選定は慎重に行うのが望ましいです。